こんにちは、齊藤秀行です。

 

早いものでもう6月に入りました。あと数日で41歳、今年は本厄です。

厄年というとあまり良いイメージが無い方が多いのではないでしょうか。

私もそう思っていました。でも実は厄年、特に本厄は大飛躍の年と言われているようです。

 

実際に私自身昨年の前厄から、大飛躍に向けた準備を水面下で着々と進めています。

入ってくる情報がとんでもなく素晴らしい情報ばかりで、消化吸収するのにスゴイ時間かかっていますが、

これから人生大飛躍しか考えられなく、自分自身への確信度合がますます高まっています。

これはもちろん身内、特に独立してからの嫁さんの応援があってこそ、両親、家族の温かい支援、

そしてご縁あるビジネスパートナーや、クライアント様との関係もあってこそだと思っております。

 

今ある環境、状況に感謝しつつ、色々なことを学び、スキルアップさせていただいていることに

感謝しながら、じっくりゆっくり継続して地道に進んで参ります。

 

本当に年齢を重ねるごとに感謝の気持ちが強まってきています。

この場を借りて、私とご縁のある全ての存在(目に見えない存在も含めて)に

感謝させていただきます。これからもよろしくお願いいたします。もう感謝しかありません。

 

さてすっかり習慣化した毎月1日と15には夫婦で必ず隣接する田無神社に

参拝させていただいております。6月1日には、茅の輪が準備されていました。

 

緑も深まってきています。

 

20150601 田無神社1

 

6月30日には半年に1回の大祓があります。

昨年までは大祓ってなあに?という私でしたが^^;

今年に入って祝詞を唱えるようになってから不思議なご縁にも導かれているようです。

 

20150601 田無神社2

 

深緑のしだれ桜もまた素晴らしいとしか言いようがないです。

 

20150601 田無神社3

 

田無神社から数キロ離れたところをウオーキングしていて気づいたことがあります。

それは、神社に近い場所では土地が浄化されていて草木の育ちがイキイキしているけども

神社から遠ざかっていくと、草木がイキイキしているところと、まるで波動が乱れているかのように

すっかり枯れてしまっている草木もあるということです。

 

当たり前のことといえば当たり前なのかもしれないですが、自然を見ていると

そこの場所からの波動がまるで皮膚、体の表面を通じて教えてくれているようにも感じています。

 

20150601 田無神社4

 

拝殿に近づくと茅の輪が用意されていました。

 

20150601 田無神社5

 

くぐり方もきちんと書いています。

 

20150601 田無神社6

 

6月30日の15時から開始されるそうです。

 

20150601 田無神社7

 

私も夫婦で参加させていただけたらと思っております。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございます<m(__)m>